コンテンツへスキップ

油は敵じゃない!質の良い油はエイジングケアにオススメ

食生活の中で、油を取る事はあまりいい事だとは言われていません。しかし、若返りに効果のある油は積極的に摂取してもらいたいのです。油には、体にいいものと悪いものがありますのでその判断が出来るようになれば、アンチエイジングを成功に導くことができます。

それでは摂取してもらいたい油について、詳しくご紹介していきましょう。

老化を抑制するおススメの油

  • ブラックシードオイル(亜麻仁油)
  • アボカドオイル
  • エゴマ油
  • オリーブオイル
  • 胡麻油
  • キャノーラ油
  • 青魚脂

なぜエイジングケアに効果があるのか

上記で紹介したような植物性の油というのは、中性脂肪を減少させる効果やコレステロール値を正常化する効果があります。細胞を活性化させて、免疫力をアップさせることも可能です。

体の中から老化を抑制する事で、肌トラブルや年齢肌の悩みなども改善する事ができるでしょう。肥満の予防にも効果があるので、見た目からも若返りが期待できるのです。

油の摂取方法

体に良い油だからといって、あまりにも多く摂取することはよくありません。普段から料理で使用している油に代わって、老化を抑制する油を使用するといいでしょう。炒めものや揚げ物などをするときの油として、使用するのです。

最近では、油をそのまま摂取する人も多くなり、ヨーグルトなどにかけて食べるという方法もあります。

食べ物から油を摂取

ナッツ類には、とても良い油が豊富に含まれています。直接的に油を摂取しなくても、アーモンドやくるみ、マカダミアナッツやヘーゼルナッツなどを食べるといいでしょう。

お腹が空いた時に、間食をするのであればナッツ類がお勧めです。1回に10粒程度までを目安として、間食に食べてみてはいかがでしょう。

青魚脂とは?

老化を抑制するものとして、青魚脂を紹介しましたが、牛肉などの動物性脂肪は体を老化させる作用がありますので、逆の作用を持つ青魚がお勧めとなります。

動物性脂肪をゼロにする必要はありませんが、青魚を摂取する比率を高くした方が老化予防に効果が期待できます。