コンテンツへスキップ

キレイな乳輪のために!バストトップ専用の美白クリームでケア

乳輪の大きさがどうしても気になる!そんな方は、乳輪のサイズを小さくしたいとお悩みになっていることでしょう。

そこで、具体的にどうしたらいいのか?と解決策を探しているかと思います。

これ以上乳輪が大きくならないためにできること、つまり改善策や予防策をご紹介したいと思います。

簡単にできる方法!自律神経を整える

今すぐにできる乳輪対策として、「自律神経」の乱れを整えるのが効果的です。

自律神経が乱れると、ホルモンバランスが乱れてしまうので、乳輪のサイズが大きくなることがあります。

自律神経と乳輪のサイズについては、乳輪が大きくなる原因でも話していますので、そちらを参考にしてみてください。

お風呂に入る!睡眠を取る!

自律神経のバランスが乱れるということは、「交感神経」と「副交感神経」のバランスが乱れているという事になります。

交感神経は「活動しているとき・緊張しているとき・ストレスがあるとき」に働いている神経で、副交感神経は「休憩しているとき・睡眠中・リラックスしているとき」に働いている神経です。

このように交感神経と副交感神経のバランスがしっかりとれている状態が、自律神経が正常に働いているという状態になります。

日中の体の疲れをしっかりと取り払ってくれるのが「お風呂」です。湯船の中に浸かることで、緊張していた交感神経の活動が緩くなっていき、今度は副交感神経が働くようになるので、体が「休息」に向かいます。

こうやってお風呂に入ることで、よりよい睡眠を得ることができ、結果的に自律神経が整っていくのです。

女性ホルモンのバランスを整える

自律神経を整えることも乳輪の大きさに関係してくるのですが、女性ホルモンのバランスを整えることも重要です。

女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を促進させる食材といわれる、大豆製品がオススメです。大豆イソフラボンが含まれていますので、納豆・豆乳・豆腐などを積極的に食べましょう。

それから、キャベツ・卵・チーズ・青魚もおススメです!女性ホルモンのバランスを整えて、乳輪が大きくならないように工夫してみましょう。

保湿ケアで乳輪を小さくする!

肌が乾燥していると、痒みがでてきてしまうので、つい乳輪を掻いてしまうこともあります。すると乳輪が大きくなってしまう可能性があります。

そこで、乳輪や乳首もしっかりと保湿ケアをしてあげることをおススメします。

普段から使っているボディクリームでいいので、乳輪周りにも使ってあげてください。

市販の黒ずみケアクリームを使う!

乳首の黒ずみを改善する方法でもご紹介していますが、市販されている美白クリームを使って乳輪の黒ずみを改善することで、乳輪が小さくなります。

バストトップやデリケートゾーン専用というクリームもありますので、そういったものを選んでもいいでしょう。

もちろん、専用クリームではなくても、肌に合ったものがあれば美白クリームを乳輪に使っていただいて大丈夫です!

とはいえ、本気で乳輪ケアをしていくなら、バストトップの美白クリームを使用するのがおすすめです。

クリニックで処方されるクリームを使う!

こちらも乳首の黒ずみで紹介しているのですが、市販のクリームよりも効果の高いクリニックで処方される黒ずみ解消クリームを使う方法があります。

クリニックでは治療を目的としたクリームを処方していますので、市販のクリームよりも黒ずみの解消に効果が期待できます。

「ハイドロキノン」と「トレチノイン」という美白効果の高い成分が含まれているクリームを、乳輪に塗って黒ずみを改善してサイズを小さくしていくという方法です。

ハイドロキノンはメラニン色素を生成するメラノサイトという物質を減少させることができますので、将来できるであろう黒ずみを予防することができます。

トレチノインは、肌のターンオーバーを促進させる作用があり、本来は28日周期のターンオーバーを14日に短縮するので、黒ずんだ皮膚を剥がし新しい皮膚の再生を促します。

このように、本格的な美白効果で乳輪の黒ずみを解消してサイズダウンを目指すことができますので、皮膚科や美容皮膚科などを調べて、クリームの取り扱いがあるクリニックを受診してみてください。