コンテンツへスキップ

洗顔を見直すだけでお肌が変わる!?正しい洗顔方法をマスターしよう

キレイで若々しい素肌を目指すなら、毎日の洗顔を見直してみませんか?

正しい洗顔方法をマスターすれば、きっとあなたの肌も喜ぶことでしょう。何気なく行っている洗顔ですが、ちょっとしたコツを覚えるだけで一気にグレードアップした洗顔になります!

それでは早速、アンチエイジングの為の正しい洗顔方法をチェックしていきましょう。

若々しい素肌になれる洗顔方法

その1、手をよく洗う

洗顔料というのは、手が汚れていると泡が立ちにくくなります。ですから、手の平から手の甲、さらに指の間などしっかりと石鹸で洗っておきましょう。

その2、ぬるま湯で毛穴を開放

ぬるま湯で顔をすすいで、毛穴を開放してあげましょう。皮脂の量が多く、脂性という場合にはぬるま湯の温度は高めにするのがポイントです。基本的には30℃程度でいいのですが、脂性の場合には35℃程度まで温度をあげましょう。

その3、洗顔料を泡立てる

キメが細かく弾力のある堅めの泡が理想的です。今はどこでも泡立てネットが売っていますので、簡単に泡を作る事ができるでしょう。

その4、泡で顔を洗う

泡を指の腹にのせて、順番に顔の上に泡を乗せていきます。

アゴ先→アゴのライン→口周り→頬→鼻→おでこ→目の周り

手の平と肌の間に泡を挟み込んで、バウンドさせるように泡を肌に押し当てます。軽く優しく撫でるように泡を密着させます。目の周りと頬のあたりは皮膚が薄く弱いので、泡を乗せるだけでも十分洗顔になります。

洗顔の時間は30秒程度で終わらせるといいでしょう。

※脂性の場合には少し皮膚をマッサージするように撫でて洗顔をするといいでしょう。

その5、しっかりと泡を落とす

すすぎの時は、顔の中心部分から徐々に外側に向かってぬるま湯ですすいでいきます。この時に、手の平や指で顔を擦らないように注意しましょう。

その6、タオルで水分を吸収

清潔なタオルを顔に軽く押し当てて、水分を吸収します。決してゴシゴシと拭くようなことはしないようにしましょう

その7、洗顔後の保湿ケア

洗顔をしたあとは、肌が乾燥しやすい状態にありますので、すぐに保湿ケアをしてください。