コンテンツへスキップ

お肌の老化が気になるあなたにおすすめしたいのが幹細胞コスメです。幹細胞エキスを配合している幹細胞コスメは、お肌のしわやたるみ、しみ、くすみ、毛穴などが気になる人におすすめです。

肌の悩みをトータルで解決してくれる理由は、幹細胞エキスが肌細胞に働きかける事ができる成分だからです。

お肌の細胞を生まれ変わらせるコスメ

年齢とともにお肌の老化が気になってきますよね。エイジングケアできる化粧品でケアしているけれどあまり効果が実感できない・・とお悩みの皆さんにおすすめしたいのが幹細胞エキスです。

幹細胞エキスは、お肌の細胞に働きかけて肌細胞を生まれ変わらせてくれる力があります。幹細胞エキスは、植物由来やヒト由来、動物由来などがありますが、どの幹細胞コスメも肌細胞の老化を食い止める事ができます。

一番のおすすめはヒト幹細胞エキスなのですが、お値段が高いこともありますし、植物幹細胞エキスでも良いでしょう。

他の美容成分と一緒に配合することで、その相乗効果も期待できますので、幹細胞コスメを選ぶ際には他の美容成分もチェックしてみてください。

おすすめの幹細胞コスメをご紹介しますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

幹細胞エキスコスメならこれを選んで

ワビオ ステムアクティブエッセンス

たった1滴でOKのヒト幹細胞エキス配合の美容液です。いつものお手入れにプラスして使う事ができます。ローションとセットで使えばさらに効果を期待できます。

シワやたるみを改善させるだけでなく、肌の生まれ変わりをしっかりサポートしてくれますので、気になるニキビ跡などもきれいになっていきます。くすみの無い明るい肌に変化していきます。

リバイバルステムオイルプラス

スキンケアの最初に使う導入美容オイルです。後から使う化粧品の浸透力をより高めてくれるアイテムです。このオイルにも幹細胞エキスが配合されています。

このオイルでさらに幹細胞エキスが入っていきやすいお肌に整えておけばより効果を期待できますね。ステムオイルプラスを使った後は、同じシリーズのリフトエッセンスやステム7を使ってください。肌の弾力が戻り、モチモチ、ぷるぷるのお肌になります。

ライフラインベーシックモイスチャーセラム

卵子幹細胞エキス配合の美容液です。ヒト由来の幹細胞エキスなのでお肌への浸透力が違います。ダメージを受けた肌細胞をしっかりと修復してくれる美容液です。日中に受けてしまう紫外線などのダメージからお肌を守ってくれます。

クリーム状の美容液なので伸びもよく使いやすいです。成分をカプセルに閉じ込めているので、肌の奥深くまで浸透してくれます。

幹細胞コスメの魅力

幹細胞コスメは、お肌の様々な悩みを解決してくれるという点が魅力的です。沢山悩みがある人は幹細胞コスメを使うと悩みを早く解決できますよ。

色々な幹細胞コスメがありますが、どのような成分が配合されているのかチェックしてお肌に合うものを見つけてください。

幹細胞エキスが高濃度で配合されているものは特におすすめです。配合率が分からない場合でも、化粧品の成分一覧で最初のほうに成分が記載されているほど配合濃度も高い傾向にありますので、合わせて確認してみてくださいね。

ただ、幹細胞コスメは、比較的価格の高いものが多いので、気になる方は、幹細胞化粧品のランキングサイトなどで、実際に使用した方の口コミも参考にしてみましょう。

シミが出来ると、必死にメイクで隠してみたり、美白ケアをしてみたり・・

どれもこれもやってみたが、あまり効果が感じられないという方は多いのではないでしょうか?それには理由があります。

シミというのはいくつかタイプがあり、それぞれ原因や症状が異なります。ですから、タイプに合ったケアをしなければ、シミの解消に効果が期待できないのです。

ここでは、あなたのシミのタイプや症状などを確認してもらい、それぞれに合ったケアの方法をマスターしてもらいたいと思います。

シミのタイプ!原因や症状

炎症性色素沈着

今までに皮膚が炎症を起こした場所や、傷になってしまった場所が色素沈着を起こしてしまい、シミになっている状態です。

一般的には、ニキビや傷などが出来ても自然と消えていくのですが、傷などが色素沈着を起こしていつまでも残ってしまったものです。

老人性色素斑

多くのシミのタイプは、老人性色素斑だと言えます。10代や20代で紫外線を浴びていた人や、日焼け対策をしていなかった人に多いシミです。

主に骨が出ている場所などに出来やすくなっており、丸っぽい形をしているのが特徴です。でき初めは薄い茶色程度なのですが、放置しておくとどんどん色が濃くなっていきます。

そばかす

そばかすは、主に目の下から頬にかけて出来るシミです。細かい点々がたくさんある状態で、肌の色が白い人に多く見られるのが特徴です。

肝斑

目の下あたりにできるシミで、左右対称にできてしまうのが特徴です。

茶色っぽものや、灰色っぽいものなどがあり、ぼんやりとシミが出てくると言うことから、ぼんやりじみと言われています。肝斑の原因というのは、ハッキリと解明されていません。

脂漏性角化症

皮膚にイボのような形で黒っぽいものが出来てしまうことを、脂漏性角化症と呼びます。

シミと考えることもできますが、皮膚にできる良性の腫瘍というカテゴリーになっています。

花弁状色素斑

強い日焼け状態によって、出てくる花弁の形をしたシミです。夏場の日焼けだけではなく、冬場の雪焼けでも出てくるシミとなっています。

タイプ別に見る美白ケア

美白化粧品の活用

炎症性色素沈着、老人性色素斑、そばかす、肝斑といったシミには美白化粧品で、ケアをすることが出来ます。

シミに対する有効成分はコチラ

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • リノール酸
  • トラネキサム酸
  • エラグ酸
  • コウジ酸
  • マグノリグナン
  • プラセンタ

上記のようなシミに対する有効成分が含まれている、美白化粧品を選んでケアをしましょう。

ちなみに美白化粧品は、継続して使うことが重要となります。ほんの数日や数週間使用しただけでは、効果を実感するのは難しいでしょう。長い目でみて、続けていくことで徐々に効果を実感できるようになります。

ですから、1年を通して使用できるものを選ぶのがポイントとなります。

クリニックでのケア

脂漏性角化症、花弁状色素斑、これらのシミというのは美白化粧品では対応できません。基本的には、クリニックでレーザー治療などをして除去していく事になります。

コラーゲンがバストアップに効果的だという話があります。

女性が憧れるバストアップを、コラーゲン摂取で実現してみてはいかがでしょうか。

バストアップとコラーゲンの関係

バストにたるみがあると、ハリが無いので萎んだように見えて、小さなバストという印象になります。バストは筋肉が支えているので、大胸筋が衰えてくるとたるみが出てきます。そして垂れた形になってしまいますので、弾力もハリもなくなります。

さらに言えば、コラーゲンが不足しているとハリや弾力が生み出せないので、バストもたれてくるようになります。コラーゲンは肌の細胞に水分をキープさせて、弾力を生み出す事が出来る成分です。

つまり、コラーゲンはバストアップをキープさせることができる成分だったという事なのです。

バストアップへの作用

コラーゲンを摂取すると、バストを支えている筋肉を強くすることができます。皮膚が健康にもなりますので、ハリや弾力も戻ってくるようになります。皮膚がしっかり水分を保持するようになれば、自然とバストアップした状態になってくれます。

筋肉が強化されて、靭帯も強くなりますので、バストを支える力は倍増!そして今まで垂れ下がってしまったバストは、持ち上げられるようになっていきます。コラーゲンはサプリメントなどで摂取する方法で大丈夫です。

さらにコラーゲンが配合された化粧品を使って、バストをマッサージすれば効果はより一層アップします。直接バストの皮膚にコラーゲンを塗布するので、皮膚表面が保湿されて乾燥を予防することができます。

乾燥が予防されれば、バストの皮膚はハリを取り戻す事が可能となりますので、バストアップに期待ができます。

まとめ

バストアップにはコラーゲンの保水力が必要不可欠だという事が分かりました。コラーゲンで保湿をしてバストの皮膚にハリや弾力を取り戻させることで、バストアップに効果が期待できます。

さらにサプリメントなどで摂取すればより効果的に、バストを支えて持ち上げることができるようになります。

ダイエットをしたいと言う人は常にたくさん存在しているものです。そこでお勧めしたいのが、ダイエットのサポートとして「食物繊維」を活用してもらいたいという事です。

ダイエットに対して食物繊維がどういった効果を発揮するのか、さっそく見ていきたいと思います!

ダイエットに対する食物繊維の5つのメリット

脂肪吸着

食物繊維は腸内でゲル状になって、体内に吸収されてしまう脂肪分をゲルに吸着させることが出来ます。すると本来ならば、体内で脂肪になっていたものが吸着されているので、そのまま排便と一緒に体外へ出ていく事になります。

食物繊維のおかげで、余計な脂肪分を吸収しなくて済むという事です。

スムーズな排便

ダイエットをすると、食事制限などで排便がなかなかスムーズにいかないことがあります。いつまでも腸内に便が溜まっていると、代謝も悪くなるのでダイエットに悪影響が及びます。

しかし食物繊維がしっかり摂取できていれば、排便がスムーズに出来るようになりますので、代謝が悪くなる事も便秘になる事も防げるのです。

血糖値の上昇を抑制

食物繊維の作用として、食事の後に血糖値が急上昇するのを抑制するという働きがあります。これによって、体が健康な状態になり代謝も正常に保つ事が出来るので、ダイエットのサポートに一役買ってくれるのです。

食べ過ぎない為に必要

食物繊維が豊富に含まれている食材というのは、食べてから胃の中で水分を吸収して膨らんでいきます。その結果、過剰に食べてしまうという状態を防ぐことができます。

暴飲暴食を予防して、ダイエットを成功させる為にも、満腹感を低カロリーで味わうことが出来るのです。

代謝アップで運動サポート

腸内に存在している善玉菌を増やして、悪玉菌を退治する働きをしてくれますので、腸内環境が整っていき、脂肪燃焼効果や基礎代謝がアップしていきます。

運動をして脂肪が燃焼される、カロリーを消費するという部分に役立つ代謝アップ効果を得る事ができます。

このように、食物繊維を摂取するだけでダイエットを効率よく行う事が出来るのです。ダイエットのお供には食物繊維と覚えておきましょう!

キレイで若々しい素肌を目指すなら、毎日の洗顔を見直してみませんか?

正しい洗顔方法をマスターすれば、きっとあなたの肌も喜ぶことでしょう。何気なく行っている洗顔ですが、ちょっとしたコツを覚えるだけで一気にグレードアップした洗顔になります!

それでは早速、アンチエイジングの為の正しい洗顔方法をチェックしていきましょう。

若々しい素肌になれる洗顔方法

その1、手をよく洗う

洗顔料というのは、手が汚れていると泡が立ちにくくなります。ですから、手の平から手の甲、さらに指の間などしっかりと石鹸で洗っておきましょう。

その2、ぬるま湯で毛穴を開放

ぬるま湯で顔をすすいで、毛穴を開放してあげましょう。皮脂の量が多く、脂性という場合にはぬるま湯の温度は高めにするのがポイントです。基本的には30℃程度でいいのですが、脂性の場合には35℃程度まで温度をあげましょう。

その3、洗顔料を泡立てる

キメが細かく弾力のある堅めの泡が理想的です。今はどこでも泡立てネットが売っていますので、簡単に泡を作る事ができるでしょう。

その4、泡で顔を洗う

泡を指の腹にのせて、順番に顔の上に泡を乗せていきます。

アゴ先→アゴのライン→口周り→頬→鼻→おでこ→目の周り

手の平と肌の間に泡を挟み込んで、バウンドさせるように泡を肌に押し当てます。軽く優しく撫でるように泡を密着させます。目の周りと頬のあたりは皮膚が薄く弱いので、泡を乗せるだけでも十分洗顔になります。

洗顔の時間は30秒程度で終わらせるといいでしょう。

※脂性の場合には少し皮膚をマッサージするように撫でて洗顔をするといいでしょう。

その5、しっかりと泡を落とす

すすぎの時は、顔の中心部分から徐々に外側に向かってぬるま湯ですすいでいきます。この時に、手の平や指で顔を擦らないように注意しましょう。

その6、タオルで水分を吸収

清潔なタオルを顔に軽く押し当てて、水分を吸収します。決してゴシゴシと拭くようなことはしないようにしましょう

その7、洗顔後の保湿ケア

洗顔をしたあとは、肌が乾燥しやすい状態にありますので、すぐに保湿ケアをしてください。

肌のくすみが気になってきたあなた!もしかしたら、肌が「糖化」している可能性があります。肌の糖化は、老化現象を促進させるのでアンチエイジングを考えているのであれば、対策を取る必要があります。

糖化という言葉は、あまり聞き慣れないかもしれませんので、これから糖化についてお話をしていきたいと思います。糖化の原因や、糖化によって考えられる肌への影響をチェックしていきましょう。

糖化とは?

体の中にあるタンパク質と脂質が、糖と結合することを「糖化」と呼びます。糖化によって、肌の老化を促進させてしまう物質「糖化生成物(AGEs)」を生み出します。

体の中にあるタンパク質や脂質というのは、血液の中にある不要な糖分と結合する性質があります。つまり、糖分を摂取しすぎてしまうと糖化を引き起こす可能性が高くなるという事です。

糖化によって肌にも影響が出てくるようになると、肌のくすみ、ハリや弾力が無くなるなどのトラブルが引き起こされます。

糖化は血糖値の上昇が関係する

糖化になってしまう原因は「糖」そのものにあります。もちろん体を動かす為のエネルギーとして、糖分は必要ではあります。しかし摂取しすぎてしまうと、糖化を引き起こす原因となってしまうのです。

糖を摂取しすぎると、血糖値が上昇してしまいます。血糖値が上昇すると、体の中では血糖値を下げるような作用が働きだします。しかしあまりにも上昇しすぎてしまうと、体は反応しきれなくなってしまい、糖を処理しきれない状態となってしまいます。

結果として、処理ができなかった糖は血液の中に溶け込んでしまい、タンパク質や脂質と結合して「糖化」してしまうのです。つまり、血糖値が上昇しやすい、高い状態が続くと糖化しやすいという事になります。

糖化しやすい食生活

糖化というのは、食べ物の種類によって起こりやすいものがあります。また、食事の食べ方によっても糖化が起こりやすい、起こりにくいという違いがあります。糖化を促してしまう食べ物や、食べ方をご紹介しましょう。

糖化しやすい食べ物

炭水化物、洋菓子、菓子パン、甘い物全般、清涼飲料水、揚げ物、動物性食品

糖化しやすい食べ方

血糖値の上昇が急激に起こるような食べ方は、糖化しやすい事が分かっています。食事の時に、炭水化物を先に食べると一気に血糖値が上昇します。

食物繊維が含まれている野菜、キノコ、海藻などは先に食べると糖質が吸収されにくくなるのでお勧めです。食事の順番は、野菜や副菜などを食べてから、炭水化物に移るといいでしょう。

糖化を予防する方法

有酸素運動

食事をした後というのは、1時間程度で血糖値が上昇した状態になります。この時に有酸素運動をして糖を消費しておくと、体に余分な糖が残りにくくなるので糖化を予防できます。

運動をすると、筋肉が糖を消費してくれますので、有酸素運動を毎日少しでもいいので続けることをお勧めします。

食事は低GI値を参考にする

低GI値というのは、血糖値の上昇スピードが緩やかだという数値です。GI値は低ければそれだけ糖化しにくいという食材なので、食事に取り入れることをお勧めします。

参考までに、GI値の低い食材から高い食材までをご紹介します。

低GI値食材

トマト、ブロッコリー、ナス、インゲン、玉ねぎ、レタス、きゅうり、もやし、ホウレンソウ、小松菜、納豆、豆腐、麦、玄米、全粒粉

中GI値食材

かぼちゃ、さといも、とうもろこし、やまいも、さつまいも、ソラマメ、もち米、そば、おかゆ(白米)

高GI値食材

じゃがいも、グリーンピース、にんじん、精白米、うどん、もち、食パン、ロールパン

野菜だからといって、低GI値食材だという事ではないのが分かります。じゃがいもやニンジンは実は、高GI値だったのです。食事の内容を見直して糖化を予防する食生活を送ってもらいたいと思います。